• スポンサード選手 ショットマンタロウ大貫渉太郎プロ
  • 充実の社内教育で、働きながらスキルアップ。
  • 勉強しながら働ける。未経験からプロフェッショナルへ
  • RPAを習得して次のステージへ

SERVICE事業案内

CONCEPT理念

常にお客様の視点に立ち、
便利で価値あるサービスを提供します。
そして、豊かな情報社会の創造に
貢献し続けていきます。

TECHNOLOGY
A.I. RPA

ADVANCED TECHNOLOGY

人工知能・ブロックチェーン

先端技術利用に関連する自社セキュリティソフトウェア・セキュリティ講習/人とロボットのハイブリットソリューションの提供。
コンピュータビジョンによる高度な認識技術・サービス設計・ユーザ体験とインタラクションデザイン・低遅延配信技術・スマートフォンアプリ開発。オリジナル仮想通貨・ブロックチェーンサービスを提供いたします。

PROFESSIONAL
PROFESSIONAL

PROFESSIONAL

プロフェッショナルを提供

プロフェッショナルなエンジニアの提供により専門性が必要とされる業務において、安定した高い品質や安定した業務運用が望め、業務の拡大・縮小に伴う雇用問題を解消できます。

また、人員の採用、教育、業務管理などをアウトソーシングテクノロジーが行うため、柔軟な運用体制の構築が可能となりお客様の業務管理・教育に関わる負担を大幅に軽減します。

そのため、限りのある経営資源を有効活用することが可能となり、効率的で合理的な企業運営に繋がります。

CAREER DESIGN
CAREER DESIGN

CAREER DESIGN

人材育成について

「教育から始まる未来の就業スタイルへ」

ITを利用した/持った専門職(エンジニア・事務・営業・コンサル)を育てるべく、
5年後、10年後に活躍できる育成プログラムを社員の方々に準備しております。

誰にでもはじめてはあります。0からスキルを身につけ・キャリアアップをしていく、先を見据えて今を行動することが大事です。

自身の成長のために今まで頑張ったことがある人、これから頑張りたい人を応援していきます。

To the future on step ahead

「みなさんには未来があります」

IT人材の不足

IT人材の不足

2030年にはIT人材・エンジニアの数が約59万人不足すると言われています。 個々の力が強くなっていく未来であるからこそ、何を誰と成し遂げていくかが大事であり、学業では学べない力を実践で鍛えましょう。

RPAエンジニアの必要性

RPAエンジニアの必要性

RPA(Robotic Process Automation)とはおおまかに説明すると「コンピューター上の業務プロセスを自動的に行う技術」です。人間が繰り返し行うクリック、キーボード入力など定型的な業務が自動化されることであり、今後労働者人口が減少し人手不足が深刻化する中で、RPAは大きな注目を集めています。市場規模も飛躍的に増大しており今学習していく技術として大いに期待されます。

AI(Python)エンジニアの需要

AI(Python)エンジニアの需要

昨今、急速に発達する機械学習・深層学習で知られるAIの普及と発展に合わせた人材が59万人不足する時代が到来。数学ライブラリを要求するAIを構築・運用するのにもっとも適したPythonは今まさに「必修言語」となっています。SI業界において2018年ついにJavaをしのぐ程、世界はPythonエンジニア、そしてAIを物怖じせずに使える人材を求めています。これからも激動が続くIT業界で長く活躍し続けることが出来る人材を目指し、共に成長していきましょう。